東北大学国際高等融合領域研究所(現 学際科学フロンティア研究所)および国立研究開発法人理化学研究所Kim 表面界面科学研究室の湊丈俊(みなとたけとし)助教、(現 京都大学 特定准教授)、国立研究開発法人理化学研究所Kim 表面界面科学研究室の金有洙(きむゆうす)主任研究員、東京大学大学院新領域創成科学研究科川合眞紀(かわいまき)特任教授、千葉大学大学院理学研究科の梶田晴司(かじたせいじ)博士(現 豊田中央研究所)、中山隆史(なかやまたかし)教授、University College of London 化学専攻のChi-LunPang(ち・る・ぱん)博士、東北大学原子分子材料科学高等研究機構の山本嘉則(やまもとよしのり)特別研究顧問および名誉教授、浅尾直樹(あさおなおき)教授の研究グループは、光触媒、太陽電池、触媒、色材、半導体などに用いられる二酸化チタン(TiO2)の機能を制御する欠陥を自在に操る新たな方法を構築しました。

プレスリリースはこちら