理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター バイオマス研究基盤チームの雪真弘特別研究員とバイオリソースセンター微生物材料開発室の大熊盛也室長らの共同研究チームは、シロアリ腸内の原生生物の細胞表面に共生する細菌がさまざまなリグノセルロース分解酵素を持つことを発見し、シロアリの効率的なリグノセルロース分解に役立っていることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら