大阪大学大学院工学研究科の牛尾知雄准教授らの研究グループ、大阪府、株式会社東芝は、大阪大学工学研究科に設置しているフェーズドアレイ気象レーダを活用し、豪雨発生の予兆を検知するシステムの実証実験を情報通信研究機構等の協力により、本日7月6日から開始します。

プレスリリースはこちら