東京医科歯科大学再生医療研究センターの関矢教授らの研究グループは医学部附属病院を提供機関として、再生医療の実用化をより安全かつ迅速に推進するための法律「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」(以下「再生医療新法」2014 年 11 月 25 日施行)に基づき、第 2 種再生医療等提供計画を厚生労働省関東信越厚生局に提出し、平成 27 年 6 月 25 日に受理されました。これにより臨床研究「逸脱を伴う膝半月板損傷の滑膜幹細胞による治癒促進」の実施が可能となります。この研究は近々、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の支援のもとで、平成 27 年 7 月下旬に開始される予定です。

プレスリリースはこちら