東京大学大学院新領域創成科学研究科の上田卓也教授、同分子細胞生物学研究所の泊幸秀教授、京都大学の多田隈尚史特定研究員らの研究チームは、特定のタンパク質の合成を抑えるRNAi(RNA干渉)と呼ばれる現象において、標的のRNAが切断される様子を一分子レベルでリアルタイムに観察することに成功し、その分子機構を明らかにしました。

プレスリリースはこちら