東京大学大学院農学生命科学研究科および帯広畜産大学原虫病研究センターの加藤健太郎らの研究グループは、ヘパリンという硫酸化多糖の一種が、哺乳類などに感染して水様性下痢を引き起こすクリプトスポリジウム原虫の感染を抑制することを発見しました。本成果は、クリプトスポリジウム原虫に対する薬剤開発の端緒となることが期待されます。

プレスリリースはこちら