慶應義塾大学 医学部 微生物学・免疫学教室の研究グループ(吉村 昭彦 教授ら)は、同内科学教室(消化器)の金井 隆典 教授らとの共同研究により、腸内の細菌叢を改善するプロバイオティクスであるクロストリジウム属細菌の菌体成分ペプチドグリカンが、免疫調節たんぱく質と免疫制御細胞を誘導し、腸炎を抑えるしくみを解明しました。

プレスリリースはこちら