住友金属鉱山株式会社および住友商事株式会社が、ポーランド共和国の大手産銅会社KGHM Polska Miedź S.A.(以下「KGHM社」)とチリ共和国において共同で推進しているシエラゴルダ(Sierra Gorda)銅鉱山開発プロジェクトにつきましては、2014年に建設工事を完了して銅精鉱およびモリブデン精鉱の生産を開始しましたが、鉱石処理が設計能力の65%以上60日間以上を達成し、副産物であるモリブデン精鉱の品位が40%を超えたことなどから、2015年6月末に商業生産に達しました。

プレスリリースはこちら