エマニュエル・マナロ 教育学研究科教授は、テオ ヴァンリーウウェン 博士(トゥウェンテ大学)、ジャン ヴァンデルメイジ 博士(同大学)と行った共同研究で、人がより抽象的な図形に取り組む時、より高い脳活動があることを示す証拠を得ました。

プレスリリースはこちら