加齢医学研究所非臨床試験推進センターでは、加齢医学研究拠点のプロジェクトとして産業総合技術研究所と共同で、人工心臓の遠心ポンプシステムの開発を進めてきました。特に、最も重要な基盤技術である軸受け部分にモノピヴォットベアリングを採択することで、抗血栓性、溶血特性を飛躍的に向上させる技術開発に成功したので、この基盤技術を事業化して、病院に届けられる優れた人工心臓ポンプシステムとして製造販売を開始し、このたび販売台数が1万台を突破しました。

プレスリリースはこちら