当社の技術導入元Protein Sciences Corporation(本社:米国コネチカット州、President&CEO:マノン・コックス、以下「PSC」といいます。)が、2013年1月に米国FDAより3価製剤として承認を得て販売している季節性組換えインフルエンザHAワクチンFlublok(以下、「Flublok」といいます。)について、平成27年6月25日(米国現地時間)に、2014年-2015年シーズンに実施したFlublok4価製剤(以下、「Flublok(4価)」といいます。)と既承認孵化鶏卵不活化インフルエンザワクチン(4価)(以下、「既存孵化鶏卵ワクチン(4価)」といいます。)との有効性比較臨床試験の結果、Flublok(4価)の有効性が統計的有意差をもって優れているとのトップラインデータが示されましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら