ニホングリの在来品種は、主に、「丹波地域の品種」を中心に構成されるグループと「丹波地域以外の品種」で構成されるグループに分かれることを明らかにしました。一部の品種が地理的情報と矛盾するグループに分類されたことから、古くから品種が地域をまたいで往来していたことが示唆されました。

プレスリリースはこちら