ブリストル・マイヤーズスクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国・ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、欧州委員会が、PD-1免疫チェックポイント阻害薬であるオプジーボを、BRAF変異の有無にかかわらず、成人の進行期(切除不能または転移性)悪性黒色腫患者の治療薬として承認したことを発表しました。

プレスリリースはこちら