東京医科歯科大学 脳統合機能研究センターの渡瀬准教授と相川特任助教の研究グループは、脊髄小脳失調症6型(SCA6)の病態の進行に、脳内の免疫を担うミクログリア)と呼ばれる細胞の活性化が関与していることをつきとめました。この研究は文部科学省 科学研究費補助金ならびに科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、国際科学誌Human Molecular Genetics(ヒューマンモレキュラージェネティクス)に、2015年6月1日付けでオンライン速報版が先行公開され2015年6月18日午前9時5分(英国夏時間)に完全版がオンライン発表されます。

プレスリリースはこちら