九州大学先導物質化学研究所の友岡克彦教授、井川和宣助教、阿野勇介特任助教らの研究グループは、新型のキラル分子であるヘテロ中員環分子の一方の鏡像異性体を効率的に合成することに世界で初めて成功しました。合成されたヘテロ中員環分子は様々なキラル医薬品やキラル機能性材料の合成素子として幅広い応用が期待されます。

プレスリリースはこちら