米国メルク社(NYSE:MRK)(米国、カナダ以外ではMSD)は、6月8日、第75回米国糖尿病学会のScientific Sessionsにおいて、通常の治療を受ける14,000名以上の患者を対象に、プラセボを対照薬として、DPP-4阻害剤ジャヌビア錠(一般名:シタグリプチン)の心血管系への安全性を評価した大規模臨床試験「TECOS(Trial Evaluating Cardiovascular Outcomes with Sitagliptin)」の主要な結果を発表しました。

プレスリリースはこちら