神戸大学人間発達環境学研究科の榎本平教授らの研究グループは、株式会社IHI、ちとせ研究所と共同で「榎本藻」の1500平方メートル規模の野外大規模培養に成功しました。これにより、石油に代わる再生可能エネルギーの供給源となることや、バイオ燃料製造コストの低下が期待されます。

プレスリリースはこちら