東京大学大学院薬学系研究科の金井求教授、清水洋平助教らの研究グループは、医薬品や天然物の分子構造中に含まれることの多いカルボン酸のみを変換する新たな技術の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら