ヒト上皮成長因子受容体2陰性(HER2-)進行乳がん患者を対象とした第?相試験(PALOMA-3)において、Palbociclibとフルベストラントの併用が標準治療薬であるフルベストラントに対して優越性を示し、無増悪生存期間(PFS)を有意に延長したという結果を発表しました(ハザード比0.42、PFS中央値9.2カ月vs.3.8カ月、p<0.000001)。

プレスリリースはこちら