この度、SBIホールディングス株式会社の子会社で5-アミノレブリン酸(ALAを利用した医薬品、健康食品及び化粧品の研究・開発等を行っているSBIファーマ株式会社と株式会社リプロセルは共同研究により、iPS細胞由来の分化細胞を用いた再生医療を行う際に問題となる残留iPS細胞を、再生医療に適する安全なアミノ酸であるALAを活用することで、選択的に除去する技術を開発しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら