武藤学 医学研究科教授らを中心とする医師主導治験グループ(全国7施設)は、食道癌に対する化学放射線療法または放射線療法後の局所遺残再発において、レザフィリンおよび半導体レーザを用いた光線力学療法(PDT)が、救済治療法として重大な副作用がなく極めて高い完全奏効率を得られることを確認しました。

プレスリリースはこちら