東京工業大学 大学院生命理工学研究科の中戸川 仁 准教授と持田 啓佑 大学院生らの研究グループは、モデル生物「出芽酵母」を用いて、細胞内の大規模分解システム「オートファジー(自食作用)」が核や小胞体をも分解の対象とすることを発見した。さらに核と小胞体に結合して「目印」となる2つのタンパク質を特定し、それらを分解するメカニズムを解明した。

プレスリリースはこちら