ブリストル・マイヤーズスクイブ社(NYSE:BMY)は、治療歴を有する進行期非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対する非盲検無作為化第III相試験であるCheckMate-057試験で、オプジーボが、標準治療(ドセタキセル)に対して全生存期間の延長を示した初めてのPD-1免疫チェックポイント阻害薬となったことを発表しました。

プレスリリースはこちら