MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ、以下MSD)とバイエル薬品株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:カーステン・ブルン、以下バイエル薬品)は、MSDが製造販売しているアレルギー性疾患治療剤「クラリチン錠10mg」、「クラリチンレディタブ錠10mg」、「クラリチンドライシロップ1%」について、本日付でMSDからバイエル薬品へ販売移管します。2014年にMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.とバイエルグループが発表したコンシューマーケア事業移管の一環である今回の販売移管により、上記製品の医療機関向け情報提供はバイエル薬品が実施しますが、製造販売承認は引き続きMSDが保有します。

プレスリリースはこちら