2015年4月28日、グラクソ・スミスクラインplcは、開発中の帯状疱疹予防ワクチン候補HZ/suを評価する無作為化第III相試験で50~70歳以上の年齢層で有効性が維持されたことを示す詳細なデータを発表しました。このデータは、コペンハーゲンで開催された第25回欧州臨床微生物学感染症学会議(ECCMID)で発表され、同時にNew England Journal of Medicineでもオンラインで公開されました。

プレスリリースはこちら