国立研究法人科学技術振興機構、水銀・ストロンチウム光格子時計の高精度直接比較に成功

(2015.05.28 10:19)

 JST 戦略的創造研究推進事業において、東京大学 大学院工学系研究科の香取 秀俊 教授(理化学研究所 主任研究員)、大前 宣昭 特任研究員らは、水銀原子を用いた光格子時計を新たに開発し、研究グループが先行して開発した世界最高精度を持つ低温動作ストロンチウム光格子時計と直接比較し、現在の「秒」の定義の実現精度を超える周波数を計測することに成功しました。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧