国立大学法人京都大学、プランクトンの世界:新しいフロンティア -タラ海洋探査からの最新情報-

(2015.05.25 10:41)

 緒方博之 化学研究所教授らのグループを含むフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、米国などの国際プロジェクトチームは、探査によって得られた大規模な遺伝学データ、物理化学的データを解析した結果、目に見えないプランクトンの世界がいかに地球にとって重要であり、気候変動とも密接な関係にあるかが見えてきました。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧