国立大学法人京都大学、プランクトンの世界:新しいフロンティア -タラ海洋探査からの最新情報-

(2015.05.25 10:41)

 緒方博之 化学研究所教授らのグループを含むフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、米国などの国際プロジェクトチームは、探査によって得られた大規模な遺伝学データ、物理化学的データを解析した結果、目に見えないプランクトンの世界がいかに地球にとって重要であり、気候変動とも密接な関係にあるかが見えてきました。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧