大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長;樋口達夫、以下「大塚製薬」)は、体外診断用医薬品として、慢性骨髄性白血病(CML)の診断補助及び治療効果のモニタリングに使用する国際標準値に適合した『Major BCR-ABL mRNA測定キット「オーツカ」』が保医発0331第1号の通知により本年4月1日から保険適用となりましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら