石田 晋教授、神田敦宏特任講師らの研究チームはこれまでに、(プロ)レニン受容体が失明に至る糖尿病網膜症などの網膜疾患における炎症や血管新生などの病態を制御する重要な鍵分子であることを明らかにし、(プロ)レニン受容体をターゲットとした新規薬物治療の研究を多角的に進めています。その一方、成体網膜における(プロ)レニン受容体の生理的な機能は明らかにされていませんでした。本研究では、(プロ)レニン受容体が、網膜においてグルコース代謝や活性酸素の産生に関与することを明らかにしました。網膜における(プロ)レニン受容体の生理的機能を明らかにした点で、今後の創薬研究において疾患適応の拡大や予期せぬ副作用を回避するなどの点で大きく貢献することが期待されます。

プレスリリースはこちら