ノバルティスは、本日、「コセンティクス」(一般名:セクキヌマブ、開発コード:AIN457、以下「コセンティクス」)が、広く使用されている生物学的製剤であるウステキヌマブ(遺伝子組み換え)比較し、皮膚症状の寛解またはほぼ寛解を達成した割合を指標として、優越性を示したCLEAR試験の結果を発表しました。本試験の詳細は、米国サンフランシスコで開催されました第73回米国皮膚科学会議(AAD:American Academy of Dermatology)のレイトブレーキング研究セッションで発表されました。「コセンティクス」(1回用量300mg)は、中等症から重症の成人尋常性乾癬患者さんに対する治療薬として承認された初めてかつ唯一のインターロイキン-17A(IL-17A)阻害薬です。

プレスリリースはこちら