中外製薬株式会社は、本日、抗ウイルス剤「コペガス錠200mg」(一般名:リバビリン)(以下、「コペガス」)が、ギリアド・サイエンシズ株式会社が開発中の核酸型NS5Bポリメラーゼ阻害剤「ソバルディ錠400mg」(一般名:ソホスブビル)(以下、ソバルディ)との併用による「セログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」に対する効能・効果追加の承認を取得したことをお知らせいたします。「コペガス」と「ソバルディ」の2剤による治療は、セログループ2に対して国内初の経口剤のみの治療法となります。

プレスリリースはこちら