広島大学大学院理学研究科地球惑星システム学専攻の白石史人助教らは、米国ロードアイランド大学・海洋研究開発機構・東京大学・静岡県立大学・筑波大学などと共同で、統合国際深海掘削計画(IODP)第329次研究航海「南太平洋環流域生命探査」を実施し、地球上で最も海水中の有機物が低い海域で知られる南太平洋環流域の海底を米科学掘削船「ジョイデス・レゾリューション号」で掘削しました。

プレスリリースはこちら