九州大学大学院人間環境学府博士後期課程1年/独立行政法人日本学術振興会特別研究員の佐々木恭志郎、基幹教育院の山田祐樹准教授、大学院人間環境学研究院の三浦佳世教授らの研究グループは、人間の感情に関する新現象を発見しました。その現象とは、画像を見て生じた感情が、直後に画面を上にスワイプすると快くなり、下にスワイプすると不快になるというものです。この現象は、人間はある一定の短い時間範囲内に起こる出来事をまとめて把握し、そのまとまりに基づいて後付け的に感情が生じていることを示唆しています。

プレスリリースはこちら