ImmunoGen Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ウォルサム、以下「ImmunoGen社」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、このたび、武田薬品がImmunoGen社が有する最先端の抗体-薬物複合体(ADC:antibody-drug conjugate)技術の独占的使用権を保有する契約を締結しましたのでお知らせします。ADC技術は、バイオテクノロジー企業であるImmunoGen社が抗がん剤の開発において活用している技術であり、本契約には同社の新規DNA作用型IGNペイロードも含まれ、最大で2つの未公開の抗体のターゲットについて、これを標的とする抗がん剤の開発に活用されます。また、本契約により、武田薬品は追加の一時金を支払うことで3つ目のターゲットに関する権利を獲得できるオプション権を有することになります。

プレスリリースはこちら