日本製紙株式会社(社長:馬城 文雄)は、九州大学(立花 宏文教授)との共同研究により、高機能茶「サンルージュ」の抗メタボリックシンドローム効果について評価を実施し、「やぶきた」をはじめとする主要緑茶51品種の中で、デンプンなどの多糖類をブドウ糖へ分解する消化酵素"α-グルコシダーゼ"の働きを阻害する効果が最も優れることを見出しました。さらに、マウスを用いた試験では、サンルージュの「食後血糖値の上昇抑制効果」や、「高血糖の指標となるHOMA-IR(インスリン抵抗性)の悪化抑制効果」を確認しました。これらの試験結果の詳細は、3月28日に「日本農芸化学会2015年度大会」で発表する予定です。

プレスリリースはこちら