小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役:相良 暁、以下「当社」)は、韓国の子会社である韓国小野薬品工業株式会社(以下「韓国小野」)が、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体「OPDIVO 20mg、100mg Inj. (Nivolumab, Genetic Recombination)」(以下「オプジーボ」)について、2015年3月20日、韓国において、イピリムマブ(製品名:Yervoy)での治療後、かつ、BRAF V600E変異陽性の場合は、BRAF阻害剤での治療後に病勢進行が認められた切除不能または転移性悪性黒色腫の治療薬として食品医薬品安全処(MFDS)から承認を取得しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら