国産初のアンチセンス核酸医薬品であるデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療剤NS-065/NCNP-01の早期探索的臨床試験のすべての投与が終了し、初期の解析において、本剤の治療効果を予測するジストロフィンタンパク質の発現が確認されました。この結果を受け、本治験薬の開発を進めていきます。

プレスリリースはこちら