ブリストル・マイヤーズ株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:ダビデ・ピラス)は、本日、2種類の経口抗ウイルス剤、「ダクルインザ錠60mg(一般名:ダクラタスビル塩酸塩、以下「ダクルインザ」)」及び「スンベプラカプセル100mg(一般名:アスナプレビル、以下「スンベプラ」)」において、C型慢性肝炎/代償性肝硬変のインターフェロンを含む治療法に適格の未治療患者および前治療再燃患者に対する適応を追加し、新たに「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」として承認を取得しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら