アストラゼネカは、第一三共株式会社の米国子会社である、第一三共インク社との米国におけるnaloxegolに関する共同商業化契約を、本日、2015年3月19日に発表しました。これは、自社の製品の価値を提供するためには、自社の営業・開発能力ならびに社外提携を活用するというアストラゼネカの戦略に沿った提携です。Naloxegolは、ファースト・イン・クラスの1日1回投与経口末梢作用型μオピオイド受容体拮抗剤(PAMORA)であり、成人における慢性非がん性疼痛患者における、オピオイド誘発性便秘(OIC)治療薬です。

プレスリリースはこちら