富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、再生医療のための細胞培養・移植に必要な足場素材「リコンビナントペプチド(RCP)」のマイクロサイズのペタロイド状微細片(petaloid μ-piece)を開発しました。これと細胞を組み合わせて、モザイク状の三次元細胞構造体「CellSaic(セルザイク、Cell and Scaffold, forming Mosaic)」を作製しマウスに移植すると、細胞だけ移植した場合比較して、生体内に移植した細胞の生存率を大幅に高めることを実証しました。さらに、1型糖尿病(*4)モデルマウスの実験では、血糖値を制御する膵島、ヒト間葉系幹細胞(hMSC)と「RCP」のペタロイド状微細片を組み合わせた「セルザイク」を共移植することで、血糖値を正常レベルにまで下げることにも成功しました。

プレスリリースはこちら