戸口田淳也 iPS細胞研究所(CiRA)教授(再生医科学研究所/医学研究科)、池谷真 同准教授、松本佳久 名古屋市立大学整形外科臨床研究医(元CiRA/再生医科学研究所)らの研究グループは、患者さん由来の疾患iPS細胞より、患者さんの遺伝情報をもつ対照iPS細胞を作製し、それぞれから軟骨細胞を誘導し、FOP(Fibrodysplasia Ossificans Progressiva:進行性骨化性線維異形成症)の病態の再現やメカニズムの一端を明らかにしました。

プレスリリースはこちら