理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター細胞機能探索技術開発チームの宮脇敦史チームリーダーと筒井秀和客員研究員(現 北陸先端科学技術大学院大学)らの共同研究チームは、生きた細胞の中で巨大な結晶を瞬時に形成する蛍光タンパク質「Xpa(Crystalizable and photo-activatable:クリスパ)」を発見しました。また、Xpaタンパク質の結晶が、細胞のオートファジー(自食)に関わる細胞内小器官のリソソームの膜に囲まれ、隔離される過程を明らかにしました。

プレスリリースはこちら