大阪大学 蛋白質研究所と(株)ニッピは、再生医療用iPS細胞の培養に適したラミニン)511E8フラグメントの製造方法を確立しました。本成果を踏まえ、(株)ニッピは、生物由来原料基準に適合した製品(商品名:iMatrix-511MG)を2015年6月頃から発売予定です。

プレスリリースはこちら