細胞分裂の際に染色体が2つの細胞に分配されるためには、まず紡錘体の中央に染色体が整列する必要があります。東北大学加齢医学研究所の家村顕自研究員、田中耕三教授は、ヒト細胞でこの過程にKidとCENP-Eという2つのモーター分子が協調してはたらいていることを明らかにしました。Kidは染色体を紡錘体の極から遠ざける「風」のようなはたらきをすることが知られていましたが、ヒト細胞での実際の役割はよくわかっていませんでした。

プレスリリースはこちら