ショウジョウバエでは、fruitlessという遺伝子1個が働かなくなるだけで、雄が雌に求愛しなくなり、雄に求愛するようになります。これは、同性愛形質が遺伝的に決まる証拠と見なされてきました。

プレスリリースはこちら