独立行政法人土木研究所(所在地:茨城県つくば市、理事長:魚本 健人、以下、土木研究所)と株式会社富士通研究所(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐相 秀幸、以下、富士通研究所)は、洪水予測の際に河川の流量を計算する洪水予測シミュレーターの最終浸透能や流出係数など(雨水の土壌への浸透しやすさや下流への流れやすさ)のパラメーターを最適な値に自動調整する技術を開発しました。

プレスリリースはこちら