理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター機能調節研究ユニットのアダムス英里特別研究員、申怜(シン・リョン)ユニットリーダーらの共同研究グループは、植物の高濃度セシウムに対する耐性を高める化合物「CsTolen A(シストレンエー)[1]」を発見し、この化合物がセシウムに選択的に結合し、植物のセシウム取り込みを抑制することを明らかにしました。

プレスリリースはこちら