(ニュージャージー州プリンストン、2015年3月4日)ブリストル・マイヤーズスクイブ社(NYSE:BMY)は、米国食品医薬品局(FDA)が、プラチナ製剤による化学療法での治療中または治療後に進行が認められた転移性肺扁平上皮がん患者の治療を適応として、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)点滴静注を承認したことを発表しました。

プレスリリースはこちら