グラクソ・スミスクラインplcは本日、ノバルティスとの3事業における取引を完了したことを発表しました。これによりGSKは、ノバルティスのグローバル・ワクチン事業(インフルエンザワクチンを除く)を取得し、最初に52億5000万ドルを支払います。また、世界をリードする新たなコンシューマーヘルスケア合弁会社をノバルティスと設立し、GSKが経営権を保有し株式の63.5%を所有します。そして、総額160億ドルで、GSKのオンコロジー事業をノバルティスに売却します。

プレスリリースはこちら