アストラゼネカと英国に本社を置くバイオファーマ企業Orca Pharmaceuticals社は、レチノイン酸関連オーファン核内受容体γ(RORγ)阻害剤の開発に関する3年間の提携を2月25日に発表しました。本受容体の阻害剤は、現在安全かつ有効な経口治療薬がない広範な自己免疫疾患に対する可能性があるとされています。

プレスリリースはこちら